2018年12月5日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会?生活

バスオイルの白濁について困っています。バスオイルが大好きで自分で作りたいのですが譲れないのがお湯を白濁させたいこと。

 2018年12月05日16:38

,anime party favorsanti tracking devicesassorted cataluminum profile for led light、antique peacockac cleanadults clothing cheap,anchor necklace setartist lighting chandelierandroid dual core gps 3g ,arrows rhinestoneauto car fogadjustable waist shaper,anti skidding tape,alloy table、この画像の方は春茶さんなんでしょうか??、audio video control receiver,african plain fabricatomizer for perfume glassart drawing digital pen

今年27歳になる余元さんは、北京の某外資系企業で働いていたが、昨年、この高待遇の仕事を辞めて、恋人のJoeさんと、「ゴミ削減?分別処理」行動を実践する生活を送っている。人民日報海外版が報じた。

余さんは、「仕事を辞めた時、私はある挑戦をしようと決心した。日々の生活で出るゴミの量を可能な限り減らすという挑戦だ。3ヶ月間で、私たちの家で出た家庭ゴミは、小さなコップ2杯分くらいの大きさのガラス瓶に収まる分量だけだった」と話す。

ゴミで一杯になったガラス瓶。

このガラス瓶2つの中身は、ミネラルウォーターボトルのラベルに使用済みの湿布薬、錠剤の空き箱、ガラスボトルに貼られていた広告ラベル、宅配物の外パッケージに商品やおやつのパッケージなどのゴミだった。2人暮らしで、3ヶ月の間に出たゴミが500ミリリットルのガラス瓶2本分だけと聞くと、誰もが信じられないと首をかしげる。しかし余さんには自ら編み出した一連のゴミ減量方法がある。

余さんによると、「私たちは日常生活において、意識的にモノを買い、使用し、処分する必要がある。たとえば、商品を買うときには、可能な限り、繰り返し使用可能なもの、または天然素材100%のものを買うように努める。そうすれば、買ったものは分解されて自然にかえすことができるから。またモノの寿命を全うさせるために、中古品の購入を考えることも多い。外食の際には、残り物を入れるためのマイ弁当箱とマイ食器を持参する。市場に買物に出かける時には、レジ袋をもらわずに済むよう、布製のマイバッグを持っていく。普段使う歯磨きペーストや入浴剤は、無添加のものを自分で作る。それらは自然に還るため、ゴミは発生しない」としている。

また、余さんは、台所の生ゴミをステンレス製容器に集め、冷蔵庫で7日から10日間冷蔵する。その後、これらの生ゴミを堆肥用収納ボックスに移し替え、箱の四隅に穴をあけ、空気の通りを維持する。その後、これらのゴミを土や乾いた落ち葉と混ぜると、2ヶ月後には自然分解する。このようにして、台所の生ゴミは土の肥料に変身する。


【1】【2】

コメント

最新コメント