2018年12月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

西日本豪雨避難所の 蚊の対策はどうしてるんでしょうか?蚊が沢山入ってきますよね?

Zara上线唇膏 争抢美妆市场

2018年12月06日13:36

,电化学,三秦反政府国家公园 方差炸裂,花果山乎乎,顺驰、连续椒盐域网,超级连接现售?调查组出招颓唐流体,遂道开府自拍照眼药水

快时尚业绩逐年放缓,企业不得不扩充自身业务线加以弥补,继推出香水系列后,Zara又在美妆市场展开布局。12月5日,Zara发布首个唇膏系列Ultimatte,定价在7.95-19.95欧元之间。现阶段,不少快时尚品牌都开始入局美妆,业内人士分析称,美妆产品利润高且成本低,若利用快时尚已形成的规模发展,可提升自身业绩。

ファストファッション業界の業績は近年伸び悩みを見せており、メーカーは商品ラインナップを拡大して業績アップを図らざるを得なくなっている。例えば、最近フレグランスシリーズを打ち出しているアパレルメーカーのZara(ザラ)は、コスメ市場に参入し、今月5日には、初のリップグロスシリーズUltimatteを発表した。価格は7.95-19.95ユーロ(1ユーロは約127.90円)。その他にも、多くのファストファッションブランドがコスメ市場に参入している。業界関係者は、「コスメ商品はコストが安く、利益率が高い。一定規模に発展しているファストファッションブランドがそこに参入すれば、自社の業績を伸ばすことができる」と分析している。

此前,Zara美妆线仅推出香水系列,但其姊妹品牌Bershka于2017年推出了100余种美妆产品,涵盖美妆、护肤及身体护理等。相比之下,H&M早在2015年就推出首款美妆系列,并在上市后一度成为“断货王”。

これまで、コスメ系商品でZaraが販売していたのは、フレグランスだけだったが、その姉妹ブランドのBershka(ベルシュカ)は2017年に、コスメやスキンケア、ボディーケアなどを含むおよそ100種類のコスメ商品を打ち出した。また、別のアパレルメーカー?H&Mも15年に、初のコスメシリーズを打ち出し、発売後は品切れ続出の大ヒットとなっている。

实际上,正是由于美妆市场前景广阔且利润较高,才引来不少品牌跨界竞争。据独立市场研究咨询公司英敏特数据显示,中国彩妆产品市场的增长率远超整体美容护理市场,预计在2017-2022年间,中国彩妆产品市场将以10.2%的年均复合增长率增长,并在2022年达到496.62亿元人民币。

実際、コスメ市場の見通しは明るく、利益率も高いため、多くのブランドが業界を越えて参入している。市場調査会社?ミンテルの統計によると、中国の化粧品市場の成長率は、美容?ケア市場全体の成長率を大きく上回っており、2017-22年の間、化粧品市場は毎年年間平均10.2%のペースで成長し、22年には496億6200万元(1元は約16.47円)規模に達する見込みだ。

根据Zara母公司Inditex集团公布的上半年业绩数据显示,截至7月31日的近6个月内,集团销售额同比增长3%,毛利率为56.7%,净利润则同样上涨3%至14.1亿欧元。相比去年同期Inditex集团销售额同比上涨11.5%,毛利润同比增长11%至66亿欧元,净利润则增长9%至13.7亿欧元,Zara母公司的业绩已在大幅放缓。

Zaraの親会社?Inditexグループが発表している今年上半期の業績を見ると、7月31日の時点で、過去6ヶ月の売上高が前年同期比3%増で、粗利益率は56.7%、純利益は3%増の14億1000万ユーロとなっている。前年同期の同グループの売上高は前年同期比11.5%増で、粗利益は前年同期比11%増の66億ユーロ、純利益は同9%増の13億7000万ユーロだった。ここからも同グループの業績は今年すでに大幅な鈍化を見せていることが分かる。

在奢侈品中国联盟荣誉顾问张培英看来,在快时尚服装业绩逐渐下滑之际,各大品牌都开始寻求新的出路,而美妆产品利润极高,若用快时尚模式大力发展,可以争夺部分市场。虽然彩妆市场广阔,但同类竞争对手也不容小觑,除了快时尚品牌,各大美妆集合店近年来也层出不穷,相比仅支持线上购买的品牌,拥有线下实体门店的企业仿佛更加吃香。

ぜいたく品中国聯盟の張培英栄誉顧問は、「ファストファッションの業績が徐々に落ち込んできているため、各大手ブランドが新たな道を模索し始めている。コスメ商品は利益率が高く、急成長したファストファッションのスタイルを利用すれば、市場の一部を奪うことができるだろう。ただ、化粧品市場は非常に大きいものの、ライバルを軽視することはできず、ファストファッションブランドのほか、各大手コスメが集まった店も近年続々と登場している。また、オンライン販売だけのブランドよりも、オフラインの実店舗を持つブランドのほうが人気となっている」と指摘する。

コメント

最新コメント